実践Webデザインスキル - 第3章 Lesson5

第五回:色調補正パネルを利用した、メイン画像を作ってみよう

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

色調補正パネルを利用した、メイン画像を作ってみましょう。



この動画で学べること

・メイン画像の作成方法



メイン画像の作成方法

メイン画像は、Webサイトの顔とも言える重要なコンテンツなので、クオリティの高いものを作っていきましょう。
早速、作り方をみていきたいと思います。
まず、メニューバーのファイルより「埋め込みを配置」を選択し、メイン画像を配置します。
バウンディングボックスのつまみをShiftを押しながらドラッグして、すこし画像を小さくしていきましょう。
画像の横幅が足りないので、背景を引きばしていきたいと思います。
ですが、今はスマートオブジェクトの状態で、画像に編集を加えることができないので、
右クリックから「レイヤーをラスタライズ」に進み、画像に編集を加えられるようにしましょう。
ラスタライズができたら、長方形選択ツールに切り替えて、背景の一部を選択します。
メニューバー編集より自由変形を選び、バウンディングボックスが表示されたらつまみを動かして背景を引き伸ばしていきます。




次に、クリッピングマスクを作成していきます。
くり抜く形のレイヤーの上に画像のレイヤーを移動させ、右クリックから「クリッピングマスクを作成」を選択すると、メイン画像がくり抜く形の範囲に収まりました。




色調補正して画像を明るくしよう

色調補正をしたい部分を長方形選択ツールで選択し、
色調補正パネルから、明るさ・コントラスト調整レイヤーを追加し、属性パネルで調整していきます。
自然な彩度も同じように色調補正のパネルからかけましょう。
納得のいく色調補正ができたら、これで完成です。