Photoshopスキル - 第2章 Lesson5

ぼかしツールを使って、写真をミニチュア風に加工する方法

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

ぼかしツールを使って写真にぼかしを加え、ミニチュア風になるように色調補正を加える方法を説明していきます。


この動画で学べること

・ミニュチュア風の画像に加工する方法



まずは画像を色調補正で明るくしよう

色調補正パネルの明るさ・コントラストのアイコンをクリックし、明るさ・コントラスト調整レイヤーを追加します。
そして、属性パネルでのスライダーを調整して画像を明るくしていきます。

画像の明るさを調整するため、色調補正パネルの自然な彩度のアイコンをクリックし、自然な彩度調整レイヤーを追加します。
こちらも、属性パネルから強さなどを調整していきます。





ぼかしを加えて画像をミニュチュア風に近づけよう

メニューバーのフィルターからぼかしへ進み、「ぼかし(レンズ)」を選択します。



写真全体にぼかしがかかっているので、選択範囲を作成し、一部にグラデーションでぼかしをかけるようにしていきます。


まず、長方形選択ツールで人がいるあたりを選択範囲を作成します。
このままだと、人がいる部分にぼかし入るので、右クリックから「選択範囲を反転」に進みます。
この状態で、メニューバーのフィルターからぼかしへ進み、「ぼかし(レンズ)」を選択、人がいる部分以外の所にぼかしを加えていきます。


選択範囲のエッジがハッキリし過ぎた状態なので、グラデーションをかけてエッジをやわらかくしていきます。
長方形選択ツールで、オプションバーの「境界線を調整」へ進み、エッジを調整のぼかしを上げていきます。
すると、だんだんとグラデーションに変わっていきます。
今回は、60pxに設定しました。
あとは、OKを押すと、グラデーションがかったミニュチュア風の画像の出来上がりです!