Photoshopスキル - 第2章 Lesson6

[実践]様々なツールを駆使してトイカメラ風の画像に加工しよう

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

画像をトイカメラ風に加工する方法を説明していきます。


この動画で学べること

・明るさやコントラストなどの色調補正を使って画像をトイカメラ風に加工する方法



明るさやコントラストなどの色調補正を使って画像をトイカメラ風に加工しよう

色調補正パネルの明るさ・コントラストのアイコンをクリックし、明るさ・コントラスト調整レイヤーを追加します。
属性パネルが表示されたら、スライダーを動かして、画像を明るさを調整していきましょう。



次は、画像のカラーを調整するため、自然な彩度パネルで加工します。
色調補正パネルの自然な彩度のアイコンをクリックし、自然な彩度調整レイヤーを追加で、属性パネルが表示されるので、彩度を調整していってください。
今回は色をはっきり出したいので、緑を強めにしています。






そして、よりグリーンの強い画像にするため、レンズフィルターをかけていきます。
色調補正パネルの自然なレンズフィルターのアイコンをクリックし、レンズフィルター調整レイヤーを追加します。
属性パネルで、カスタムに切り替えて、カラーピッカーを立ち上げ、緑を指定してください。
そして適用量を上げていきます。
OKを押すと、レンズフィルターをかけることができました。



最後に、画像の縁に黒い枠を入れていきます。
黒い縁を入れたい部分の選択範囲を作成していきます。
選択範囲が完成したら、レイヤーパネルの下のアイコンより「ベタ塗り」を選択し、カラーピッカーを立ち上げて黒色にします。



これで、このようなトイカメラ風の画像の完成です。