HTMLスキル - 第2章 Lesson2

HTMLの基本構造を記述する方法

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

HTMLファイルには、必ず必要なタグがあり、それらを「基本構造」と呼んでいます。
そのタグがないとそもそもHTMLファイルとして認識されないとても重要なタグです。ここでは、「基本構造」タグの書き方と意味について解説しています。



この動画で学べること

・HTMLの基本構造
・基本構造の役割
・基本構造の記述方法



HTMLの基本的な構造

HTML5の基本構造はこのようになっています。





全体をhtmlタグでくるみ、その中にheadタグ、bodyタグがあります。
headタグは、ページ情報など、目に見えない部分を書いていきます。
(例)メタ情報など



bodyタグには、ブラウザで表示させる目に見える部分を書いていきます。
(例)ページのコンテンツなど



基本構造の記述をしていこう

では実際に、このルールに基づいてトップページに基本構造を記述していきましょう。
DOCTYPE宣言の下に、



<html>
<head></head>
<body></body>
</html>



と記していきましょう。