Photoshopスキル - 第4章 Lesson7

自動選択ツールを使った、同じ色の部分を選択する方法

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

バラの写真を切り抜き、花嫁が持っているような画像を作成します。


この動画で学べること

・自動選択ツールの使用方法
・選択範囲の反転
・画像の縮小 / 拡大のコツ


自動選択ツールを使って同じ色の部分を選択

今回は、バラの画像を切り抜いて花嫁さんの画像に貼り付け、ブーケを持っているような合成写真を作ります。
まずは、ダウンロードしたフォルダの中にある「作業用_バラ.psd」を開いてください。



バラの部分を選択して、切り抜く範囲を作成しますが、今回はクイック選択ツールを長押しした所にある自動選択ツールを使います。
背景の白色だけを選択するために、オプションバーの許容値を2に設定して、カンバス上の白色の部分でクリックしましょう。
選択範囲の作成ができたら、右クリックして「選択範囲を反転」に進み、バラの画像を選択した状態にします。



そして、メニューバーの編集からコピーをしておいてください。






作成したバラの切り抜きを貼り付ける

次に、コピーしたバラを花嫁さんの写真に貼り付けていきたいと思います。
ダウンロードしたフォルダの「作業用_花嫁.psd」を開いてください。
メニューバーの編集からペーストに進み、バラの画像を貼り付けます。



バラの大きさを調整したいので、メニューバーの変種から自由変形を選択して、バウンディングボックスを表示します。
shiftキーを押しながらつまみを動かして、縦横比を保ったまま画像の大きさを拡大/縮小してください。
このとき、さらにAlt(Macではoptionキー)を押すことで真ん中を中心に縮小できますので、合わせて覚えておきましょう。