HTMLスキル - 第2章 Lesson5

Webサイトの情報を示す<meta>タグの書き方

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

Webページに、説明文やキーワード、製作者名などの情報を付与するための<meta>タグについて、初心者向けに解説しています。
<meta>タグは、SEOにも効果があり、非常に重要なタグなので、ぜひ書き方をマスターして下さい。



この動画で学べること

・Webページの説明文の記述方法
・Webページのキーワードの記述方法
・Webページの著者の記述方法



Webページ説明文、キーワード、著者をmetaタグで記述していこう

<meta>タグで、Webサイトの説明文を書く方法を見ていきましょう。
<meta name="description" content="サイトの説明分がここにはいります。">
サイトの説明文は、Googleで検索すると、下の画像のハイライトされた部分に入る文章になります。
非常に重要ですので、何を書くかよく考えましょう。





Webページのキーワードを設定するときにも<meta>タグを使います。
さきほど書いた説明分をコピーして、キーワードに書き換えていきます。
このように書いてください。


<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード02,キーワード03">



キーワードは、「,(コンマ)」で区切っていくつも設定できますが、数が多ければ一つのキーワードの重要度が下がってしまいますので、できるだけ5つ以内に収めるようにしましょう。



最後に著者の設定をします。
こちらも<meta>タグを使用しますので、先ほどと同じようにすでに書いたmetaタグをコピーして使いましょう。


<meta name="author" content="著者名">