HTMLスキル - 第3章 Lesson1

文字の色を変える、属性の書き方

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

CSSを利用せずにスタイルを適応させる""style""属性を使って、文字の色を変更させます。
初心者向けに解説していますので、CSSを知らない方でも大丈夫です。



この動画で学べること

・スタイル属性を使った文字色の変更のしかた



スタイル属性で文字の色を変更しよう

スタイル属性を使って文字の色を変えていきましょう。
まずは、こちらの文章をファイルに貼り付けてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー貼り付ける文章ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Yumi Tamura

I am a web designer in Kyoto.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



貼り付けられたら、この文章にタグをいれて意味付けをしていきましょう。
Yumi Tamiraの部分を<h1>タグ、
I am a web designer in Kyoto.の部分を<h2>タグでそれぞれ囲っていきましょう。
この見出しのタグにスタイル属性を加えて、文字色の変更をしていきます。


<h1 style="color:red;">Yumi Tamira<h1>



このように書けたら、一度保存してブラウザで更新してみてください。
文字が赤くなればOKです。
h2も同じようにやっていきましょう。



<h2 style="color:blue;">I am a web designer in Kyoto.<h2>


このように書けたら、一度保存してブラウザで更新してみてください。
文字が青くなればこちらもOKです。




このように、スタイルシートを使わなくても、スタイル属性を使えばデザインの変更ができることがわかりました。