HTMLスキル - 第3章 Lesson7

CSSファイルを読み込む<link>タグの記述方法

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

CSSファイルの外部読み込みをするための、<link>タグの書き方について初心者向けに解説しています。



この動画で学べること

・外部CSSでを読み込む方法



外部CSSを読み込む方法


CSS(スタイルシート)とはHTMLにスタイリングを施すもので、
一般的にはHTMLファイルに直接書くのではなく、別のCSSファイルをリンクさせてスタイルの変更をします。
CSSへのリンクは、<head>タグの中にこのように書いていきます。


<link media="all" href="style.css type="text/css">



・rel="stylesheet"は、今から読み込むファイルがスタイルシートであることを指しています。
・media="all"は、どのメディアでもこのスタイルシートを読み込むように定義しています。
・href="style.cssは、スタイルシートのパスを指しています。




一度保存してブラウザで見てみましょう。
ほとんどの部分が見本と同じように完成していますが、
ヘッダーの部分が少し違います。
これは、HTML内でスタイルを定義しているからです。
<heder>タグの中の見出し1、見出し2の部分のスタイル属性を削除しておきましょう。
もう一度保存して見てみると、見本と同じ色になりました。