HTMLスキル - 第6章 Lesson2

段落<p>タグと改行<br>タグの書き方

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

長い文章をマークアップする際に使用する<p>タグと、文章の中で改行させる際に使用する<br>タグの書き方について、初心者向けに解説しています。



この動画で学べること

・<p>タグの使い方
・<br>タグの使い方



段落と改行を設定しよう

段落と改行のタグをみていきましょう。
段落を指定するときに使うのは<p>タグです。
文章を<p>タグで囲んでいきましょう。




また、段落の中で改行させたいときに使うのが<br>タグです。
<br>タグを書いた次の文字から、改行されます。
<br>タグには終了タグがありません、そのことを示すため、半角スペースと/(スラッシュ)入れて、「<br />」このように表現します。
では、前回見出しをつけた練習ファイルの文章に段落と改行を入れていきましょう。




<h1>HTMLについて</h1>
<h2>★HTMLとは?</h2>
<p>HTML(HyperText Markup Languageの頭文字を取ったもの)は、ウェブページを作成するために開発された言語です。</p>
<h2>★HTML基本の書き方</h2>
<h3>(1)開始タグと終了タグについて</h3>
<p>
開始タグと終了タグで内容を挟んで書きます。<br>
開始タグと終了タグで内容を囲めば、それ全体を「要素」として意味を付ける事が出来ます。
</p>
<h3>(2)タグの種類について</h3>
<p>
HTMLにはたくさんの種類のタグがあります。<br>しかし、実際にウェブページで使用するタグはその中でもごく一部です。
</p>
<h3>(3)属性について</h3>
<p>
HTMLでは、それぞれタグの種類ごとに指定できる属性の名称と値を書くことが出来ます。<br>
タグに属性を追加することで、要素に付加情報を記述する事が出来ます。
</p>
<h4>例</h4>
<p>画像を表示する「img」タグに、src属性を加えて「どの画像を」表示するか、付加情報を加える</p>



保存してブラウザで見てみると、文章が改行されて読みやすくなったことがわかります。