HTMLスキル - 第7章 Lesson1

指定のページへリンクさせる<a>タグの書き方

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

リンク先URLを指定してジャンプさせるリンクを、<a>タグを使って作成する方法について、初心者向けに解説しています。



この動画で学べること

・<a>タグの使い方



<a>タグで他のページに飛べるようにしてみよう

指定のページヘ飛ばす、リンクの指定方法を見ていきましょう。
他のページと繋ぐのは<a>タグです。
今回は「Google」をクリックするとGoogleに飛べるようにしたいと思います。
クリックしてジャンプさせたい文字を<a>タグで囲み、href属性で飛ばしたいURLを設定します。
また、target属性を追加して値に「_blank」と入れると、新しいタブで指定したリンクを開くこともできます。
Googleができたら、Yahooも同じようにやってみましょう。




 <h1>リンクの貼り方</h1>
<h2>主な検索サービス一覧</h2>

<ul>
<li><a href="http://google.co.jp">Google</a></li>
<li><a href="http://www.yahoo.com" target="_blank">Yahoo</a></li>
<li>その他</li>
</ul>
<h2>検索サービスとは?→</h2>
<h2>検索サービスの使い方→</h2>




ここまでできたら 、保存してブラウザで見てみましょう。
文字青くなり、下線が引かれました。
クリックして、指定したリンク先に飛べるか試してみましょう。