HTMLスキル - 第7章 Lesson2

指定のHTMLファイルへリンクさせる<a>タグの書き方

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

指定のHTMLファイルを指定してジャンプさせるリンクを、<a>タグを使って作成する方法について、初心者向けに解説しています。



この動画で学べること

・他のファイルへリンクさせる方法



<a>タグを使って他のファイルへリンクさせる方法

前回は、他のページヘ飛ばす<a>タグについて学びました。
今回も<a>タグを使いますが、他のページヘ飛ばすのではなく、ファイルへ飛ばす方法を見ていきましょう。



<a>タグで「その他」の文字を囲み、href属性を追加します。
前回は、href属性の値にURLを入れましたが、今回はファイルのパスを入れていきます。
パスは、今書いているHTMLファイルと、リンクさせたいファイルの階層を正しく理解して書く必要があります。
今回は同じ階層の中のファイルですので、フォルダ名(html/)の中のファイル名(other.html)を指定します。
では実際に見てみましょう。



<ul>
<li><a href="http://google.co.jp">Google</a></li> <li><a href="http://www.yahoo.com" target="_blank">Yahoo</a></li>
<li><a href="html/other.html">その他</a></li>
</ul>




ここまでできたら 、保存してブラウザで見てみましょう。
その他をクリックすると、指定したパスのファイルに飛ぶことができました。