CSSスキル - 第2章 Lesson1

すべての要素を対象にするセレクタの書き方

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

全ての要素を対象に、CSSをかけるための「全称セレクタ」のかけ方について、初心者向けに解説しています。



この動画で学べること

・全ての要素にCSSを書ける方法



全ての要素を対象に、CSSをかける方法

周りにある余分な余白やリストのアイコンを消す方法を見ていきます。
CSSを開いて、「your css」と書いてあるコメントアウトの下に書いていきましょう。
全ての要素にスタイルをかけたい場合は、セレクタの部分に「*(アスタリスク)」を書き、プロパティと値を設定していきます。
今回は余白とリストのアイコンを消したいので、以下のように書いていきましょう。



* {
margin: 0;
padding: 0;
list-style: none;
}



コードが書けたら 、保存してブラウザで見てみましょう。
余分な余白が消え、ナビゲーションのリストアイコンもなくなりました。