CSSスキル - 第3章 Lesson9

フォントの設定を一括で行うCSSの書き方

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

フォント系のCSSを、一括で指定することができるfontプロパティの書き方について、解説しています。
font系のCSSを多数利用しますので、fontに関するCSSを知っている方を対象に解説しています。



この動画で学べること

・フォントの設定を一括でする方法



フォントの設定を一括でする方法

プロパティ、fontを使うことで、フォントに関する設定を一括で行うことができます。
ここで指定できるのは、フォントの太さ、大きさ、行間、種類です。
では実際に書いてみましょう。



header h1 {
font:bold , 80px/80px , 'Lobster', cursive;
}



ここでのポイントは、指定する順番が決まっているということです。
ここでも書いたように、「太さ、大きさ/行間、種類」という順番で書くというルールがあるので、覚えておいてください。
では、保存してブラウザで見てみましょう。
一括でフォントの指定をすることができました。