CSSスキル - 第4章 Lesson1

ブロックタイプレベルとインラインレベルについて

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

ブロックタイプとインラインタイプの特徴と違いについて、初心者向けに解説しています。
font系のCSSを活用して、見やすいお知らせページを作ってみましょう。
ここでは、文字の大きさ、種類、色、太さ、位置調整等、様々なCSSを利用します。



この動画で学べること

・ブロック要素とインライン要素について



ブロック要素とインライン要素について

HTMLは、2種類のタイプに分けられます。

・ブロック要素
・インライン要素

それぞれを詳しく見てみましょう。
ブロック要素は、ウィンドウの横幅いっぱいに広がる段落を形成します。
例えば、<h1>タグや<p>タグなどで、強制的に改行されます。






インライン要素は、テキストの一部分を囲むものです。
つまり、ブロックレベル要素の中にある一部の文章を装飾したり効果を加えることができます。
例えば、インライン要素には<a>タグなどがありますが、文章の一部を<a>タグで囲んだ場合、改行されず横並びに配置されていきます。
インライン要素は強制的に改行されず、横に並ぶというのがルールになっています。






ブロック要素とインライン要素の考え方は、マークアップしていく上でとても重要ですので、覚えるようにしましょう。