Photoshopスキル - 第5章 Lesson1

Photoshopのレイヤーの仕組みとレイヤーパネルの操作

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

Photoshopのレイヤーの仕組みを理解して、レイヤーパネルの操作方法(移動や名前の変更、グループ化など)をマスターしましょう。


この動画で学べること

・レイヤーの概念
・レイヤーの基本操作


レイヤーの概念

レイヤーとは、透明のフィルムのようなもので、フィルムにシェイプやテキストなどの要素をいくつも重ねて一枚の画像を表現します。
つまり、一枚の画像に見えているものは実は様々な要素が重なってできています。
レイヤーの概念は、これからPhotoshopでWebデザインをしていく中で非常に重要になってきますので、この考え方を必ず押さえておいてください。



レイヤーの基本操作方法

まず、メニューバーのウィンドウからレイヤーを選択で、レイヤーパネルを表示しましょう。
レイヤーをクリックし、ドラッグ&どドロップで、簡単にレイヤーの順番を変えることができます。



レイヤーの名前を変更したいときは、レイヤーの文字の上をクリックすると任意の名前を入力することができます。
レイヤーに名前をつけることで整理するのが楽になり、あとで見返したときに、どのレイヤーがどの要素を表示しているかがわかりやすくなります。
また、レイヤーパネルの下にある新規グループを作成(アイコン)を押すと、レイヤーまとめるフォルダを作成することもできます。
こちらも、レイヤーの数が多くなってきた時にレイヤーパネルをわかりやすく整理するのに役立ちます。