Photoshopスキル - 第5章 Lesson2

Photoshopレイヤーの不透明度、表示非表示の設定方法

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

レイヤーの不透明度を調整する方法について学びましょう。


この動画で学べること

・レイヤーの不透明度の調整の仕方



レイヤーの不透明度を調整する方法

レイヤーの不透明度の調整は、レイヤーパネルの右上にある「不透明度」と「塗り」のスライダーから行ないます。
不透明度を下げる方法は2つありますが、レイヤーパネルの「不透明度」を下げると、レイヤーにかかっている境界線なども一緒に、「塗り」を下げると、シェイプの色だけ不透明度を下げることができます。
不透明度を変えたいレイヤーをクリックし、レイヤーパネルの右上にあるのスライダーを調整したり、直接数字を入力して、不透明度を変えていきましょう。



今回はカメレオンの画像を使って、実際にやってみたいと思います。
カメレオンのレイヤーの塗りを40%に下げてみると、背景の森が透けて見えるようになりました。
このように、不透明度を下げていくとそのレイヤーの下にあるレイヤーが透けて見えて、様々なデザインをするのに役立ちます。