Photoshopスキル - 第6章 Lesson2

ブラシツールを使って自由に絵を描く方法

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

ブラシツールを使って自由に絵を描く方法について説明します。


この動画で学べること

・ブラシツールの設定の仕方、使い方



ブラシツールの設定のしかたと使い方

ブラシツールの設定方法を見ていきましょう。
ツールバーからブラシツールを選択、またはショートカットキーBでブラシツールに切り替えます。
そして、オプションバーでブラシの種類やサイズ、不透明度、を設定します。
色の変更は、オプションツールではなく、ツールバーの下にある四角形からしていきます。
2つ四角形がありますが、描画色は上の四角から設定するので、クリックしてカラーピッカーを立ち上げましょう。
描きたい色を指定すると、ブラシツールで描く色もその色に変更されます。



これで、ブラシツールの設定は完了です。
ブラシの設定ができたので早速書いていきたいのですが、

ブラシツールを使えるレイヤーと使えないレイヤーがあるのでそこも押さえておきましょう。
下の画像を見ていただけるとわかりますが、レイヤーのサムネイル部分に「T」や右下にアイコンが付いているものはブラシツールを使うことはできません。
ほとんどの場合、ブラシ用にレイヤーを作るのが一番良いので、ブラシの設定ができたら、レイヤーパネルの下から「新規レイヤの作成」をし選択します。
新しく追加したレイヤーを選択した状態で、ドラッグすると絵をかくことができます。