実践Webデザインスキル - 第1章 Lesson3

失敗しないWebサイト制作のヒアリングのコツ

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

Webサイト作成をする前には、クライアントにヒアリングをします。
ではそのヒアリングとは一体何でしょうか。
一緒に考えていきましょう。



この動画で学べること

・ヒアリングとは何か?
・ヒアリングのコツ



ヒアリングとは何か?

Webサイトを作成するためのヒアリングとはどういうものか、詳しく説明をしたいと思います。
一般的に考えられているヒアリングは、まずクライアントさんが想像している、Webサイトの雰囲気や要望をデザイナーに伝えます。
しかし、クライアントさんのほとんどはWeb制作の知識があまりないので、具体的じゃなかったり、抽象的な表現が多い場合があります。
その結果、要望通りにデザインをしても「こんな感じじゃなかった」という事が起こってしまうので、
クライアントさんの要望を聞くこともちろん必要なのですが、聞くだけじゃなく、「引きだすヒアリング」をしてください。




「引きだすヒアリング」をしていこう

クライアントさんの要望をただ聞くというのは、聞き出すヒアリングです。
クライアントさんがこうしたい!と言ったのにに対して私達プロはこんなツールがあるのですが、こんなふうにしてみてはどうでしょうか。
という風に具体的なツールや具体的なWebサイトを紹介しながら話し合っていきます。
このように、ただ聞くだけのヒアリングではなく、こちらから要望を引き出すことが、失敗しないコツです。
そうすれば、最初のヒアリングの段階で相手の要望や目的を一緒に絞り込むことができるので、このような「引き出すヒアリング」を心がけていきましょう。