実践Webデザインスキル - 第1章 Lesson4

Webサイト制作のためののヒアリング方法

   

テクノロジーとクリエイティブのプロを目指す人のためのオンラインスクール
月額2500円で500以上のレッスンが受けられます

このスキルのデータをダウンロード: Windows Mac

WEBサイトのワイヤーフレームを作成するために必要なヒアリングの基本について学んでいきたいと思います


この動画で学べること

・WEBサイトのワイヤーフレームを作成するために必要なヒアリングの基本



サイトの設計や企画に関するヒアリング

前回の動画では、「引き出すヒアリング」について学びました。
では具体的にヒアリングでどんなことをクライアントに聞いていけばよいのでしょうか。



ヒアリングでは主に2つのことを聞いていきますが、今回はサイト設計のためのヒアリングについて学んでいきましょう。
ワイヤーフレームを作成のためのヒアリングでは、デザインのことや運用、集客に関することは一切関係ありません。
Webサイトでどんな目的を達成したいのかということ一番に考えて、
その目的を達成するために必要なことを絞っていくのが、この第一段階のヒアリングです。



実際にはこのようなことを話し合っていきます。
・Webサイト制作の目的をハッキリさせる
・目的に対するターゲットを明確にする
・目的のターゲットにたいする手段を決める
・企画やコンテンツを考える
・コンテンツの優先順位をハッキリさせる(ページ構成)



このように、まずはWebサイトの目的を明確にし、必要なコンテンツを考えることがサイト設計のためのヒアリングを行なっていきましょう。